ハワイの時差と時差ぼけの対処法

未分類

ハワイと日本の時差

ハワイと日本の時差は、−19時間。

−19時間と言われても???となってしまいますが、簡単な計算方法があります。

日本時間+5時間=ハワイ時間(前日)

という式での計算方法。

つまり、日本が22日の13時だったら場合ハワイ時間は21日の18時ということ。

この式を覚えておくと割と簡単にハワイ時間が割り出せますよ。

ちなみに現在のホノルルの時間は下記の通りです。

ハワイにサマータイムはない!

ハワイはアメリカなので、アメリカ本土と同じようにサマータイムがあると思っている方も多いですが、実はハワイ州ではサマータイムは採用されていません。

ですからサマータイムについては全く無視で構いませんよ!

ややこしくなくていいですね。

ハワイに行ったけど時差ぼけがひどい時の対処法

ハワイに到着したけれど、夜眠れなかったり、昼間ものすごく眠たかったり、疲労感や頭が重いなどの症状がある場合それはきっと時差ぼけです。

時差ぼけは西へ向かうよりも東へ行く場合のほうがひどく感じると言われています。日本からハワイはまさに東向きへの移動ですよね。

時差ぼけがひどくてハワイ旅行が楽しめない!という時はどうしたらよいのでしょうか?

もうあなたがハワイに着いてしまっている場合はすでに手遅れですが、まだ出発前なら十分に休養と睡眠をとって体調を整えておいてください。

到着したら現地時間に時計を合わせます。

ついつい「日本は今何時」とか考えてしまいがちですが、その考えは忘れましょう。

現地時間こそがリアルだと自分に言い聞かせます。

昼間眠い場合は私はエナジードリンクなどで調整していますね。

余談ですが、アメリカ方面のエナジードリンクのラインナップは半端ないですよ。スタバのコーヒーのエナジードリンクとかありますからね。

また、太陽を積極的に浴びて体内時計を調整します。

日光浴をビーチでしたり、ジョギングやウォーキングなどの運動をすることで、現地時間に体を同調させつつ適度に疲れて夜はぐっすり眠れるようにするのがポイントです!



コメント